小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

埒外(らちがい)とは? 小説に出てきた難しい言葉


ある物事の範囲の外。「関心の埒外にある」「優勝候補の埒外にしりぞく」

 

 

「思いつかなかった……まあ、今さらだべさ」

 言って笑った。

 車に戻り、またも杷木は考え込んでしまう。理解の埒外だった。まだ、考えたこともなかった、なら分かる気がする。

 

沢木冬吾さんのライオンの冬より