小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

2018-08-14から1日間の記事一覧

小説を読もう「死神の精度 伊坂幸太郎」の言葉表現

死神の精度 伊坂幸太郎 (著) 頭上の雲は黒々とし、隆々(りゅうりゅう)とした筋肉を思わせる膨らみがある。 雨が垂れていた。激しい勢いではないが、その分、永遠に降り止むこともないような粘り強さを感じさせる。 地下鉄の階段の手前、屋根のある部分に足を…