小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

2018-08-15から1日間の記事一覧

小説を読もう「死神と藤田 伊坂幸太郎」の言葉表現

死神の精度 伊坂幸太郎 (著) 若者はそのセーターの首まわりをぐいぐいと引っ張ってくる。降り止まない小雨で、路上に水溜まりができていたらしく、私はそれを踏んだ。足元で、地面が舌なめずりをするかのような音を鳴る。 「おまえ、栗木の居場所を知ってる…