小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

2018-08-19から1日間の記事一覧

小説を読もう「吹雪に死神 伊坂幸太郎」の言葉表現

死神の精度 伊坂幸太郎 (著) 朝の六時過ぎであるが、太陽の位置も分からない。 「さっぱり晴れねえし、気が滅入るからカーテン閉めろよ」と後ろから声がした。英一という名前の、三十代の男だ。銀縁の眼鏡をかけ、樽を腹に入れたような肥満な体型をしている…