小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

2018-09-30から1日間の記事一覧

小説を読もう「火の粉 雫井脩介」の言葉表現2

小説が好きで、表現をの仕方まとめただけの資料です。 火の粉 雫井脩介 (著) 「これはこれは」口の端を歪めた独特の笑顔で野見山が近づいてくる。「どうしてまたそんなことを?」 野見山はもどかしいほどゆっくりした喋り方で訊く。 ただ、その眼つきに油断…