小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

2019-05-04から1日間の記事一覧

小杉健治小説を読もう「裁判員 もうひとつの評議」

裁判員 もうひとつの評議 小杉健治裁判員 もうひとつの評議 小杉健治 並河富子とその娘留美子が自宅で刃物で殺害された。 この裁判で裁判員に選ばれた堀川恭平は裁判員制度に期待を寄せている一人だ。 被告人は娘の留美子と出会い系サイトで知り合った木原一…

おすすめ! 小杉健治小説を読もう「父からの手紙」

父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan 好きな小説 父からの手紙 小杉健治書き出しは、失踪した父親、阿久津伸吉の手紙から始まる。 手紙には娘麻美子への愛情と失踪した詫びが…

おすすめ! 小杉健治小説を読もう「絆」

好きな小説 絆 小杉健治 小杉健治さんの父からの手紙を読んで感動しました。 小杉健治さんの他の本を探していると、 この絆を見つけました。 絆 小杉健治 夫の殺害を認めている被告人弓丘奈緒子。 しかし、被告人が認めているにも関わらず、原島弁護士だけが…

小杉健治小説を読もう「疑惑 裁判員裁判」

疑惑 裁判員裁判 小杉健治被告人は保窪耕平52歳 保険金詐欺目的で妻を殺した容疑がかかっていた。 保窪は、前妻の死亡時にも保険金を受け取り、疑われた過去があった。その時ワイドショーなどで大きく取り上げられていた。 弁護士の鶴見は、過去の事件の先入…

小杉健治小説を読もう「最期」

最期 小杉健治小杉健治さんの作品はこれまでに三冊、 「父からの手紙」 「絆」 「疑惑 裁判員裁判」 を読みました。どの作品も良かったので、小杉健治さんに、どっぷりはまってしまいました。 これまでに読んだ「父からの手紙」では、父親の子供を養っていく…

小杉健治小説を読もう「失踪」

好きな小説 失踪 小杉健治失踪(小杉健治)鶴見弁護士の中学の恩師夏川陽一郎が札幌から上京し鶴見と久しぶりに会った。夏川は教育熱心で生徒に慕われていた。鶴見も夏川を尊敬し慕っていた。 夏川はこのあと神戸に行って旧友の吉森と会い、それから竹田城へ向…

小杉健治小説を読もう「残り火」

好きな小説 残り火 小杉健治連続通り魔殺人の容疑者として相浦純也が逮捕された。 立花孝久は年老いた母親が道で転んだ時、周りの誰もが助けてくれなかった時に相浦純也が母親を助けてくれ自宅まで連れてきてくれた。母親も純也に感謝していた。 そんな優し…

小杉健治小説を読もう「声なき叫び」

好きな小説 声なき叫び 小杉健治声なき叫び 小杉健治 自転車で蛇行運転をしていた青年、高尾翔太が警察官に取り押さえられ、その後死亡した。 取り押さえる際に警察官が暴行を加えていたという複数の目撃証言があるにもかかわらず、警察は正当性を主張する。…

小杉健治小説を読もう「黙秘 裁判員裁判」

面白い小説 黙秘 裁判員裁判 小杉健治 内堀優一郎は、五年前に娘の優希をストーカーに殺害された。 その犯人は中下要。中下は優希にストーカー行為を繰り返していた。優希をナイフで脅し、無理矢理、車に連れ込んだ。優希が車から逃げたので、カッとなり車で…