小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

2019-06-09から1日間の記事一覧

小説を読んでる時に見つけた喧喧囂囂(けんけんごうごう)とは?

共犯者(小杉健治)に出てくる難しい言葉喧喧囂囂とは、どんな意味『共犯者』のなかではこんな風に出てきました。 「三島か静岡ですか」 「温泉地に身を潜めるのは男ひとりじゃ目立つかもしれないな」 「瀬崎はどこか別荘を持っているってことはないか」 「う…