小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

2019-07-06から1日間の記事一覧

宿命 小杉健治

感想小杉健治さんの作品は裁判の尋問シーンが臨場感があって好きなのですが、この宿命には裁判シーンはなかったのが残念。 最後の以外な展開は小杉健治さんらしくてよかったのですが、少し無理があるような気もしました。 展開が早すぎてついていけなかった…

小説を読んでる時に見つけたプロパガンダとは?

有川浩さんの空飛ぶ広報室に出てきた難しい言葉空井が新聞をチェックしていると、自分たちが作成したCMを戦争賛美だと批判するコラムが掲載してあった。あれは捏造だ、姑息なイメージ戦略だなどと偏見な意見を読んだあとの空井の怒り、悲しみのシーンにでて…

小説を読んでる時に見つけた敬虔(けいけん)とは?

有川浩さんの空飛ぶ広報室に出てきた難しい言葉有川浩さんの小説のなかには、普段使わない言葉がよくでてくるように思います。その言葉の意味を調べてみると、その言葉がストーリーのニュアンスにピッタリだなと毎回のように驚いています。語彙力のないもの…

小説を読んでる時に見つけた柳眉(りゅうび)とは?

有川浩さんの空飛ぶ広報室に出てきた言葉小説を読んでいると、はじめてみる漢字にぶつかることはよくあります。 今回は有川浩さんの空飛ぶ広報室を読んでいて「柳眉(りゅうび)」という言葉にぶつかりました。 「柳」と「眉」から意味は想像できました。 本文…