小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

塩田武士

有川浩さんの空飛ぶ広報室 名言集

以前、自衛隊のCMで目立とうとして批判されたことがある。その頃の空井はおとなしく目立たないようにしておけばと思うこともあったが、今は、興味を持ってもらうことが大事だとPR活動に励む。 「でも、私はそういう取り組みも興味を持ってもらうきっかけにな…

小説を読んでる時に見つけた敷艦(しきかん)とは?

小説に出てくる意味の知らない言葉小説を読んでいると、なんとなくストーリーの流れで意味はわかるが、詳しく知らない言葉がよくあります。 この敷艦(しきかん)も、そんな言葉です。これは、塩田武士さんの「罪の声」に出てきました。罪の声は、昭和の未解決…

小説を読んでる時に見つけた睥睨(へいげい)とは?

小説に出てくる難しい言葉小説には、普段使わない言葉が出てきて意味がわからないことがあります。 それを調べて理解できると嬉しくなります。自分が少し賢くなったなと思えます。 塩田武士さんの罪の声からです。罪の声は、昭和の未解決事件、グリコ森永事…

小説を読んでる時に見つけた矜持(きょうじ)とは?

小説に出てくる難しい言葉小説には、普段あまり使わない難しい言葉が出てきます。その言葉のおかげで、微妙なニュアンスを感じたり、文章に深みが出たりして、その小説に入り込んでしまいます。 しかし、その言葉の意味が理解出来ないまま、読み進めることも…

おすすめ小説を読もう 罪の声 塩田武士

あらすじ昭和の未解決事件、グリコ森永事件をモデルにした物語です。ドキュメントのような迫力があり、フィクションなのか、ノンフィクションなのかわからなくなる感覚でした。 グリコ森永事件をリアルに知る世代にとっては、特に面白いと思います。 グリコ…

塩田武士さんの「罪の声」の表現、描写

弱った歯茎から歯が抜けるようにビルや店が消えていった。そんな中「テーラー曽根」は時代の波に乗ることも荒波に揉まれることもなく、振り子のリズムで時を刻んだ。 照明を点けた後、すぐ隣に掛けられているリモコンの「運転」ボタンを押す。クーラーが眠た…

塩田武士小説を読もう「女神のタクト」

女神のタクトposted with ヨメレバ塩田 武士 講談社 2014年11月15日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan 書き出し女、三十にして全てを失った。 厳密に言えば「職」と「男」を同時になくした。前者は受動的に、後者は能動的に。いずれにせよ、…

塩田武士女神のタクトの表現

女神のタクト塩田武士さんの女神のタクトを読んで、私が気に入った表現、言い回しを残しただけの記事です。女神のタクトposted with ヨメレバ塩田 武士 講談社 2014年11月15日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan 快速電車は、ほどよく車体を…