小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小杉健治

塗炭(とたん)の苦しみとは?

小杉健治さんの生還に出てきた言葉小説を読んでいると、はじめて目にする言葉にぶち当たります。 「あなたが身代わりになることで、真犯人に塗炭(とたん)の苦しみを与えてしまうことになりかねません。そのことを考えたことがありますか」 意味は?goo辞書で…

小杉健治さんの生還

あらすじ二十四年前の平成六年八月、悠木良二は妻美沙とレンタカーで飛騨川の渓谷に沿って国道四一号を走っていた。 途中で美沙が車酔いをして体調が悪くなり、一度車からおりることにした。狭い道で車を停めておくスペースがなかったので、悠木は美沙をおい…

小杉健治さんの罪なき子

あらすじ水木弁護士は事務員の戸田裕子と出掛けた『ボストン美術の至宝展』が開催されている東京都美術館で無差別殺人の現場に遭遇する。 犯人はすぐに取り押さえられた。 犯人は片瀬陽平で、動機は死刑になりたいからということだった。 そして、陽平の父親…

天啓とは?

小杉健治小説に出てきた言葉「天啓」とは?小杉健治さんの二重裁判に出てきた天啓です。 その時、瀬能は古沢克彦の借金の三百万のことを考えていた。だから、事務員が古沢克彦の知り合いと告げた時、八方塞がりの道で助け船を出されたような気がした。いわば…

二重裁判 小杉健治

感想古い小説なので仕方ないですが、表現や描写が少し古く感じました。 しかし、小杉健治さんらしいサスペンスです。 あっと驚く展開に、この先、どうなるんだろうと推理しながら、後半はドンドン引き込まれていきます。 あらすじ秋場産業の創業者秋場茂一と…

小説を読んでる時に見つけた闊達(かつたつ)とは?

小杉健治さんの宿命に出てきた言葉小説を読んでいると、読み方のわからない漢字や何となくしか意味がわからない言葉がたくさん出てきます。 そんな漢字や言葉に出合えることも、読書の魅力です。 漢字の読み方を調べてみたり、言葉の意味を理解しながら読書…

小説を読んでる時に見つけた凜冽(りんれつ)とは?

小杉健治さんの宿命に出てきた言葉小説のなかには普段使わない言葉、知らない言葉がたくさん出てきます。ストーリーの流れや漢字から何となく意味がわかるので、そのまま読み進めることがほとんどですが、たまに調べてみると少し利口になった気持ちになれま…

宿命 小杉健治

感想小杉健治さんの作品は裁判の尋問シーンが臨場感があって好きなのですが、この宿命には裁判シーンはなかったのが残念。 最後の以外な展開は小杉健治さんらしくてよかったのですが、少し無理があるような気もしました。 展開が早すぎてついていけなかった…

小杉健治さんの父からの手紙 表現、描写

父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan 二階の部屋に戻ると、机の上に父の手紙が出しっぱなしだった。手紙を片づけてから、窓辺に寄った。残暑が峠を越し、ひんやりとした…

小説を読んでる時に見つけた面従腹背(めんじゅうふくはい)とは?

小説に出てくる難しい言葉小杉健治さんの『共犯者』に出てきた『面従腹背』とは? 本文 もちろん、表面的には歯車のごとく動く。だが、実体は面従腹背(めんじゅうふくはい)だ。たとえば、捜査会議で自分が掴んできた情報でも、自分の利にならないと感じたら…

おすすめ小説を読もう 共犯者 小杉健治

共犯者 検事・沢木正夫 小杉健治あらすじカルチャーセンターの学長辻川義和が刺殺された。講師の瀬崎には動機があった。藤木令という女性講師との関係や仕事のトラブルなどだ。しかし、瀬崎には殺害時間に藤木令と会っていたという完璧なアリバイがある。沢…

おすすめ小説を読もう 家族 小杉健治

家族 小杉健治あらすじ認知症の牧田文子が殺害される。ワイドショーは息子の牧田孝一郎が犯人のような報道を繰り返すが、ホームレスの三田尻作雄が逮捕された。 この事件の裁判の裁判員に選ばれた谷口みな子は、三田尻作雄がなにかを隠していると感じる。 そ…

隔靴掻痒(かつかそうよう)とは

小説に出てくる難しい言葉読書をしていると、難しい言葉にぶつかることがあります。前後の話の流れから何となく意味を理解し、読み進めてしまうことが多いのですが、せっかく新しく知らない言葉にぶつかったのです。それを知るチャンスなので、一度、読書を…

魑魅魍魎(ちみもうりょう)とは?

小説に出てくる難しい言葉 読書をしていると、意味を知らない難しい言葉に出くわすことがあります。その意味を正確に理解してなくても、なんとなくストーリーの流れから理解して、そのまま読み進めてしまいがちです。 しかし、調べてみるのも読書をしながら…

小杉健治小説を読もう 保身

保身【電子書籍】[ 小杉健治 ]posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング7netWowma書き出し 三月二十日土曜日の夜。東京近郊のF県松浦市野島。 松浦市の中心である松浦駅からから私鉄に乗り換え三つ目が野島駅。そこからバスで十五分。バス停から…

小杉健治 おすすめ小説

歳とってからでも、人生をより豊かにするために人生を豊かにするために、読書をおすすめします。 若い頃に本を読まなかった人でも、歳を重ねてからでも読書を始めることは人生をより豊かにします。 人生を経験してきた分、若い頃とは違った感動があります。…

小杉健治小説を読もう「裁判員 もうひとつの評議」

裁判員 もうひとつの評議 小杉健治裁判員 もうひとつの評議 小杉健治 並河富子とその娘留美子が自宅で刃物で殺害された。 この裁判で裁判員に選ばれた堀川恭平は裁判員制度に期待を寄せている一人だ。 被告人は娘の留美子と出会い系サイトで知り合った木原一…

おすすめ! 小杉健治小説を読もう「父からの手紙」

父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan 好きな小説 父からの手紙 小杉健治書き出しは、失踪した父親、阿久津伸吉の手紙から始まる。 手紙には娘麻美子への愛情と失踪した詫びが…

おすすめ! 小杉健治小説を読もう「絆」

好きな小説 絆 小杉健治 小杉健治さんの父からの手紙を読んで感動しました。 小杉健治さんの他の本を探していると、 この絆を見つけました。 絆 小杉健治 夫の殺害を認めている被告人弓丘奈緒子。 しかし、被告人が認めているにも関わらず、原島弁護士だけが…

小杉健治小説を読もう「疑惑 裁判員裁判」

疑惑 裁判員裁判 小杉健治被告人は保窪耕平52歳 保険金詐欺目的で妻を殺した容疑がかかっていた。 保窪は、前妻の死亡時にも保険金を受け取り、疑われた過去があった。その時ワイドショーなどで大きく取り上げられていた。 弁護士の鶴見は、過去の事件の先入…

小杉健治小説を読もう「最期」

最期 小杉健治小杉健治さんの作品はこれまでに三冊、 「父からの手紙」 「絆」 「疑惑 裁判員裁判」 を読みました。どの作品も良かったので、小杉健治さんに、どっぷりはまってしまいました。 これまでに読んだ「父からの手紙」では、父親の子供を養っていく…

小杉健治小説を読もう「失踪」

好きな小説 失踪 小杉健治失踪(小杉健治)鶴見弁護士の中学の恩師夏川陽一郎が札幌から上京し鶴見と久しぶりに会った。夏川は教育熱心で生徒に慕われていた。鶴見も夏川を尊敬し慕っていた。 夏川はこのあと神戸に行って旧友の吉森と会い、それから竹田城へ向…

小杉健治小説を読もう「残り火」

好きな小説 残り火 小杉健治連続通り魔殺人の容疑者として相浦純也が逮捕された。 立花孝久は年老いた母親が道で転んだ時、周りの誰もが助けてくれなかった時に相浦純也が母親を助けてくれ自宅まで連れてきてくれた。母親も純也に感謝していた。 そんな優し…

小杉健治小説を読もう「声なき叫び」

好きな小説 声なき叫び 小杉健治声なき叫び 小杉健治 自転車で蛇行運転をしていた青年、高尾翔太が警察官に取り押さえられ、その後死亡した。 取り押さえる際に警察官が暴行を加えていたという複数の目撃証言があるにもかかわらず、警察は正当性を主張する。…

小杉健治小説を読もう「黙秘 裁判員裁判」

面白い小説 黙秘 裁判員裁判 小杉健治 内堀優一郎は、五年前に娘の優希をストーカーに殺害された。 その犯人は中下要。中下は優希にストーカー行為を繰り返していた。優希をナイフで脅し、無理矢理、車に連れ込んだ。優希が車から逃げたので、カッとなり車で…

おすすめ! 小杉健治小説を読もう「父と子の旅路」

おすすめ小説 父と子の旅路 小杉健治父と子の旅路 小杉健治大富家で一家が殺害された。大富夫妻とその父親が殺害され、生後半年の息子祐介だけが助かった。 事件前日、息子光男と大富家に泊まっていた柳瀬光三が容疑者として逮捕された。 犯行後、光三は生後…