小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

薬丸岳

小説を読んでる時に見つけた真贋(しんがん)とは?

薬丸岳「刑事のまなざし」より小説を読んでいると、知らない言葉にぶつかることが頻繁にあります。 せっかく出会った言葉をそのまま見逃すのはもったい。調べることで、自分のものになる。 ただ、瞬きひとつせず、有香がした話の真贋(しんがん)を見抜こうと…

刑事のまなざし 薬丸岳 名言集

小説を読んでいると、作品のなかに作者のメッセージがいくつも出てきます。 そんなメッセージの中で心に残る言葉、名言集です。 刑事のまなざし 薬丸岳 「なあ、吉沢ーー」 吉沢は夏目に視線を向けた。 「信じるってのは、何も今目の前にあることだけじゃな…

小説を読んでる時に見つけた鬱蒼(うっそう)とは?

小説を読んでいると、日常では使わない言葉を目にすることが度々あります。 ストーリーの流れや漢字をみると、なんとなく意味は理解できます。なので、そのまま読み進めてもよいのですが、調べてみるのもよいかなと思います。 その言葉ならではの微妙なニュ…

おすすめ小説を読もう 刑事のまなざし 薬丸岳

薬丸岳のおすすめ小説 刑事のまなざしあらすじ十年前に練馬区内で連続通り魔事件が発生した。夏目の娘の絵美はその通り魔事件の被害者のひとりだ。頭をハンマーで殴られ植物状態になってしまった。 犯人は捕まらないまま同様の事件が起きてしまい、被害者の…

既視感(きしかん)とは?

小説を読んで知る言葉 既視感(きしかん)小説を読んでいると、はじめて目にする言葉にぶち当たります。 前後のストーリーや漢字から何となく想像しながら、読み進めることがほとんどですが、少し立ち止まって調べてみるのも小説を読む上でプラスになります。 …

おすすめ小説を読もう 友罪 薬丸岳

友罪 薬丸岳益田純一はネットカフェ生活から抜け出すために寮のある工場の面接を受け採用された。同時に、自分と同じ歳の鈴木という男も採用された。寮生活をはじめた二人だが鈴木は、寮の仲間と接しようとしない。寮の仲間と鈴木の関係が悪くなり益田はそれ…

薬丸岳さんの「友罪」から学ぶ表現、描写

友罪 薬丸岳 鈴木はからだを小刻みに震わせながら、ロボットのようなぎくしゃくした動きでおにぎりをちぎると遠くに放った。 最初は苦手に思っていた駅前のけばけばしい風景も、肩を寄せ合うように屹立(きつりつ)するビルの群れも、今では心地よく感じていた…