小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

風景の表現、描写

空の描写

空は陽の支援が切れかかっているようで、濃い色に変わっていく。 沢木冬吾さんのライオンの冬より 空はソーダ色で、果てしなく澄み切っていた。ふたつあった雲は、ホイップクリームのように、まだ並んで浮かんでいる。 奥田英朗さんのナオミとカナコより 薄…

室内の表現、描写

上条伸行の書斎は、南側に窓のある明るい洋室だった。広さは八畳程度で、壁際には書棚やサイドボードがあり、窓を背にして座るように机と椅子が配置されていた。 東野圭吾さんのカッコウの卵は誰のものより

建物、街の表現、描写

ホテルのすぐ横にある巨大な劇場は、空に定規を当ててすっと線を引いたような造りだった。 堂場瞬一さんのバビロンの秘文字Ⅲ 激突篇より コペンハーゲンの警察は、巨大な冷蔵庫のような真四角の建物だった。正面から見ると、灰色のコンクリートの塊。ほぼ一…