小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小説の書き出しが難しい 「吹雪に死神 伊坂幸太郎」

 小説の書き出しがうまく決まらないで悩んでしまう。
 人気のある小説は引き込まれていくような書き出しで憧れる。
 いつか自分もそんな引き込まれるような小説を書けるようになりたいと思い、小説の書き出しをここに残しています。 


f:id:sujya:20180814225352j:plain
死神の精度 伊坂幸太郎 (著)


これほど大量の雪を見るのははじめてのことだった。私は窓越しに、外を眺めている。
洋館の周囲は、シラカンバの林が広がっているだが、木々の輪郭も判然としないほどに白い雪で覆い尽くされている。