小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

おすすめ! 森沢明夫作品を読もう「虹の岬の喫茶店」

虹の岬の喫茶店 森沢明夫

昨年森沢明夫さんの夏美のホタル (角川文庫)を読んで、表現の美しさや優しい気持ちになる文章に感動したので、森沢明夫さんの本をもっと読みたいと思い、この本を読むことにしました。

岬にポツンとある喫茶店。決してきれいな建物ではないが、人の温かさを感じることが出来る喫茶店だ。
この作品も森沢明夫さんらしい、きれいな文章表現と登場人物の心の優しさに癒され、そして感動。森沢明夫さんらしく表現すれば、読んでいるうちに文字がゆらゆらと揺れだします。
この喫茶店のオーナーは悦子さんという初老の女性。
この喫茶店に訪れる、いろいろな闇をもった人に悦子さんが珈琲と音楽で癒しをくれる。
悦子さんの優しさに心癒され感動すること間違いなし。

書き出し
寝室の窓が、ザアッと大きな音を立てた。
強い風にあおられた大粒の雨粒が、窓ガラスを叩いたのだ。
私はその音で目を覚ました。
羽毛布団のぬくもりのなか、薄く目を開ける。
遮光カーテンの隙間に覗くのは、まだ明け切らない春の夜の深い闇だった。
右手でごそごそと枕元の携帯を探り当て、時刻を確認すると、デジタル表示は午前三時三十四分を表示していた。
このところずっと眠りが浅く、夜中に何度もこうして目覚めてしまう。しかも、いったん目覚めたら最後、なかなか寝付けないのだ。四十歳になったばかりだというのに、まるで爺さんみたいだな……そう思いつつも、一方では眠りが浅くなる原因を自分なりに痛いほど理解してもいる。

虹の岬の喫茶店 森沢明夫

20190205145514b5e.jpg