小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

礫(つぶて)とは?

f:id:sujya:20190604075456j:plain
森沢明夫さんの「たまちゃんのおつかい便」に出てきました。

 シャーリーンの唇からこぼれ出た「娘」という単語は、わたしの胸の浅いところで冷たい礫(つぶて)のような違和感となって、ころりと転がった。

義理の母親、フィリピン人のシャーリーンが、「娘がおうちに帰ってきたこと、家族は嬉しいね」と放った言葉に主人公のたまちゃんが感じた違和感の表現。

意味
① 小さい石。こいし。
② 粒径2ミリ以上の岩石の破片

wpedia.goo.ne.jp