小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小説を読んでる時に見つけた尾籠(びろう)とは?

f:id:sujya:20190611082626j:plain

普段使わない言葉 尾籠(びろう)
小説には普段使わないような言葉が出てきます。ほとんどは、何となく理解して読み進めてしまうのですが、せっかく出会った知らない言葉、文字をそのまま素通りさせるのももったいないです。
昔と違って、今は簡単に検索できますから。

小杉健治さんの「共犯者」より

本文
「すみません。ちょっと恥ずかしくて言いづらいのですが腹をこわしてしまって。なかなかトイレから出られなくて」
 目を見張って何か言いたそうだったが、藤木令は何も言わなかった。
 知人にあって話し込んでしまったという言い訳も考えたが、あとで警察からその知人のことを聞かれたら困ると思って、尾籠(びろう)な話を用意したのだ。

意味は
① 不潔であること。 また、そのさま。
② わいせつであること。 また、そのさま。
③ 礼儀をわきまえないこと。 また、そのさま。 無礼。


dictionary.goo.ne.jp