小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小説を読んでる時に見つけた真贋(しんがん)とは?

薬丸岳「刑事のまなざし」より
小説を読んでいると、知らない言葉にぶつかることが頻繁にあります。
せっかく出会った言葉をそのまま見逃すのはもったい。調べることで、自分のものになる。

 ただ、瞬きひとつせず、有香がした話の真贋(しんがん)を見抜こうとしているように見えた。

意味は
ほんものとにせもの
また、本物か偽物かということ。
「真贋を見分ける目」

dictionary.goo.ne.jp