小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

結婚式の誓いと浮気の疑惑

f:id:sujya:20190614125448j:plain

 誓いの言葉

1、互いに嘘、いつわりなく誠実であること

2、互いの両親、友人を大切に思うこと 

3、互いを信じ合い、助け合い、愛し続けること

4、互いに出来る限り今の体型をキープすること

5、ケンカをしても、すぐに仲直りすること

6、今日の日の感謝を一生忘れないこと

 わたしは、三年前の結婚式でゲストの前で誓った言葉を湯船に浸かりながら、繰り返し呟いていた。しかし、呟くのは三回目の途中でやめた。だんだんと腹が立ってきてしまった。
「バカみたい、イライラする」そう言って湯船から飛び出した。
 バスタオルで体を拭きながら、たるんできたお腹をつまんでみた。間違いなく体重が増えてきている。ストレスのせいで甘いものをよく食べるようになった。体重計に乗るのが恐ろしくて今日もやめた。
 わたしは何のために結婚したんだろう。週に五日他のスタッフに気をつかいながらパートで働き、パートから帰ってからは掃除、洗濯、夕飯の支度に追われ、家計のやりくりに頭を悩ませる。
 夫の隆司が、ラクしているように思えて腹立たしい。今日も残業で帰りが遅くなるとメールがあったが、仕事かどうか怪しいものだ。わたしは隆司が浮気をしているのではないかと疑っている。それもわたしのイライラの原因のひとつだ。
 浮気を疑う理由は、残業で遅く帰宅した時に、微かだが、フワッと香水のカオリがするからだ。そのカオリは、わたしも愛用してたことのある香水のカオリなので、間違いなく女のカオリだ。
 問題はそれが、いつ、どこで、ついたかだ。通勤電車の中でついたなら、毎回、同じカオリがつくはずがない。職場でつく可能性も十分に考えられるのだが、それも残業した日だけというのもおかしい。
 それからもう一つ、隆司が急に優しくなったのだ。もともと隆司は、無器用で気配りなどできるタイプではなかったのに、最近は、自ら夕食の後片付けをしてくれたり、お風呂の掃除やトイレの掃除までしてくれるようになった。無愛想で会話をする方ではなかったのに、よく話しかけてくるようになった。それも遅く帰った日は、特にだ。本当は喜ばしいことだけど、男は浮気をしていると妻に優しくなる、と聞いたことがある。
 いつかは、この疑惑をはっきりさせたいと思っている。

 わたしは今、コーヒーショップにいる。ティータイムを楽しんでいるわけではない。
 今日、隆司から残業で遅くなるとメールが届いたので、わたしは、浮気の疑惑をはっきりさせるために行動を起こすことにしたのだ。
 このコーヒーショップから道路をはさんだ所に建つビルの五階に隆司の働く会計事務所がある。
 わたしは窓際のカウンター席に座り、そのビルのガラス張りの自動ドアを腕組みをして睨みつけるように見ていた。
 結婚前は、よくこの席に座り、隆司があのビルの自動ドアから出てくるのを、両肘をつき手の甲を顎にあて、胸をときめかせながら待ったものだ。隆司が自動ドアから出てきて階段をトントントンと降りる姿が見えたら、口元が勝手に緩んだ。信号で待っている姿を見ると笑顔になった。信号を渡りコーヒーショップに近付くにつれて、わたしの笑顔は全身へと広がっていった。隆司がコーヒーショップに入ってきてコーヒーを注文すると、わたしはボックス席へと移動した。そして隆司がわたしの席まで来てコーヒーをテーブルに置き、笑みを浮かべわたしの前に座る。グレーのブレザーに黒いズボン、ネクタイにもこだわらない、いつも地味な隆司だが、わたしにはキラキラと輝いて見えた。
「お待たせ」
「うん」
「結婚式、もうすぐだな」
「うん、わたし、ちょっと緊張してきたわ」
「幸せになろうな」
 いつもこんな会話からはじまった。世界一幸せだと思っていた。
 あの時、わたしがよく言った言葉がある。
「三年後も五年後も十年後も二十年後も一生、わたし達は幸せにしてるかな」
 すると、隆司は必ず、こう返した。
「当たり前だろ」
 そして、わたしはこう言った。
「本当! それじゃあ、まずは、わたし達の三年後が見てみたい」わたしが満面の笑みを浮かべると隆司は、少しはにかんで笑った。
 あの時のわたしが今のわたしを見たらショックだろうなと、ため息が出た。わたしは、自動ドアから一度視線を外し、コーヒーをひと口飲んでコーヒーカップに視線を落とした。すると、視界の端に人影をとらえたので、慌てて視線を戻した。隆司が自動ドアから出てきて、数段の階段を軽やかに跳ねるように降りている姿が見えた。わたしは三年前のような笑顔になれるはずはなかった。やっぱり残業ではないんだ。わたしはガクリと首を垂れた。隆司は階段を降りて人目を避けるように左右を見てから、右側に歩きだした。帰り道とは反対の方向だ。何度か後ろを振り返りながら歩いていた。
 わたしは急いでコートを手にとり、半分以上残ったコーヒーを返却口に置いて、コーヒーショップを飛び出した。
 四車線の道路を挟んで、右斜め前を歩く隆司を見失わないように追いかけた。バスやトラックが往来し、わたしの視界から隆司の姿を奪う。隆司がドンドンわたしから離れていくように感じた。隆司は二つ目の交差点で立ち止まり、また後ろを見てから、右にスーっと姿を消した。交差点の信号を見たら青信号が点滅をはじめていた。ウワァーと声をあげそうになりながら全力疾走で信号まで走り、赤になりかけだった信号をそのまま渡りきった。渡ってから息が切れて足がガクガクした。ラーメン屋の立て看板に両手をついて肩で息をしながら隆司が消えた方向に視線をやった。
 両側に店舗が立ち並ぶ二車線の道路で、ラーメン屋の隣に洋菓子店、本屋があり、反対の通りにはお弁当屋、眼鏡店などが並ぶ。お弁当屋に立つ若い女の店員と目が合った。学生のアルバイトだろう、その店員は目が合った瞬間、驚いたように大きく目を見開いて、わたしから目をそらした。わたしの顔が怖かったのだろうか。奥にもずっと店舗があるようだが、奥にいくにつれて、すこしずつ寂れていく感じだ。人の通りは少ないが車の往来は多い。
 ずっと奥を見ると数軒先の喫茶店の前に立つ隆司の姿を見つけた。隆司は腕時計を見てから、周りをキョロキョロと見ている、誰かと待ち合わせをしているのだろうか。こっちに顔を向けたので、わたしは踵をかえし、首をすくめた。その後、恐る恐るゆっくりと振り返ってみると、嫌な光景が目に飛び込んできた。隆司の前に女が立っていたのだ。隆司と女はそこで立ち話をしていた。女の姿は隆司の陰に隠れて、はっきりとは見えない。
「どういうことよ?」隆司のところまで走って行って、ひっぱたいてやろうかと思った。
 浮気の現場を押さえてしまったのかもしれない。胸がバクバクした。胸を押さえて深呼吸を繰り返した。仕事の関係かもしれないじゃない、自分に言い聞かせ落ち着こうとした。
 すると隆司と女は、人の気も知らずに、そのまま喫茶店に入ってしまった。
「えーっ、ちょっと待ってよ」吐く息だけで、声にならない声でそう言いながら喫茶店の前まで走って行ったが、中に入る勇気はなかった。喫茶店の中まで足音が聞こえるはずもないのに、なぜか足音をたてないように歩いていた。喫茶店のどっしりとした木製のドアがドーンと門番のようにわたしの前に立ちはだかっていた。このドアが隆司と女の邪魔をさせないよう、わたしを見張っているような感じがした。ドアを蹴飛ばしてやりたかった。喫茶店の前に飾ってある色褪せ、埃をかぶったピラフやカレーの食品サンプルが、今のわたしの心のように思えた。
 喉がカラカラになっていた。道路を挟んだところの酒屋の横に自動販売機が見えたので、信号を渡って、そこでペットボトルのお茶を買うことにした。自動販売機の前に立ち財布から小銭を探した。小銭を出す手が震えていた。
 温かいお茶を一口飲んだら少しだけ落ち着いた。フゥッーと白い息を吐いて、ペットボトルを胸の前で両手で握りしめ手を暖めた。三月でも日が暮れるとまだまだ寒くコートのポケットに手を突っ込んで足踏みを繰り返した。体はどんどんと冷えていった。
 ペットボトルのお茶も温かさはなくなっていた。スマホで時間を確認すると三十分が経っていた。木製のドアは頑固に沈黙を続けていた。
 一時間経って、やっと木製のドアがカランカランと音をたてゆっくりと開いた。女が出てきた。少し離れている上に、マフラーをしてうつむいているので顔が見えない。コソコソして泥棒猫のようだ。その後ろから隆司が出てきた。わたしは、慌てて酒屋の前に駐車してあった軽トラックの陰に隠れた。そっと軽トラックの荷台から顔を出し様子を伺った。
 隆司と女は喫茶店の前で話をしていた。わたしは耳に手をあてたが、離れているので二人の会話が届くはずもなかった。すぐに話しは終わったようで、隆司は右手を上げ、敬礼のポーズをした。別れ際にするいつもの隆司のポーズだ。女は小さく手を振っていた。その様子を見て嫉妬心が頂点に達した。軽トラックの窓に映るわたしの顔は鬼のようになっていた。隆司は来た道を帰っていった。女は反対方向へと歩いていった。喫茶店で別れたので仕事の打ち合わせだと自分に言い聞かせたが、手を振って別れたのが、どうも解せない。わたしは女の後を追いかけた。左側の歩道を歩く女の後ろ姿を見ると、若くてスタイルもよさそうに見えた。悔しくて涙が出そうになった。女はどんな顔をしているんだろうと思い、少し足を早めた途端、女はスッと左に曲がってしまった。
 わたしは慌てて信号を渡ろうとしたが、信号が赤に変わっていた。わたしは激しく地面を踏んで拳を握りしめた。信号の赤い光がわたしの目をつき刺した。わたし達夫婦が赤信号なのかもしれないと不安になった。
 車が途切れた瞬間に信号を無視して、女の曲がっていった道に走っていった。
 街灯の少ない暗い道で女の姿は見あたらなかった。わたしはその道を走って奥へと進んだ。右側を見ると、高い緑色のフェンスが道の奥まで立っていた。フェンスの向こうには静かで灯りのない学校のグラウンドが広がっていた。サッカーゴールがドンと静かに構えていた。奥に野球のバックネットが見え、その右の校舎の一階に小さな灯りが見えた。左側は工場が三軒ならんでいたが、どこもシャッターが閉まっていた。一軒だけシャッターの横のドアから灯りが漏れ、二階の窓を見上げると灯りが見えた。少しだけほっとした。風が吹く度にシャッターが鈍い金属音を響かせていた。学校のフェンスも波をうって揺れた。そのまま突き当たりの川の土手まで来てしまい、左右にある道を覗いたが、道沿いに行儀よく植えられた桜の木が寒々しく見えるだけで人影はなかった。一ヶ月後の天気の良い昼間にここを歩けば、淡いピンクの花と青い空を見て、心も晴れやかになるんだろうなと思った。わたしは桜の木を見てから、深く呼吸をし空を見上げた。群青色の空に輪郭のはっきりした満月が見えた。この満月だけがわたしの見方をしてくれてるように思えた。満月の灯りがなければ、ここはもっと暗い道だろう。
 最近は空を見る余裕もなかったなと思った。満月がやさしく笑ってくれた。満月に向かって笑顔をつくってみた。
 しばらく満月を見ていたら心が落ち着いた。満月に願い事でもしようと目を閉じた。その時、後ろから強い風に体を押された。踏ん張った時に人の気配を感じ背筋が凍りついた。
 目を開けてゆっくりと首を後ろへまわしたら、強い風がわたしの顔面を突き刺すように吹いた。わたしは顔をそらし目を閉じた。その時、フワーっとあの香水のカオリが漂ってきた。あの女だと思い、慌てて目を開けた。しかし、周りを見回したが誰もいないし、女のカオリも消えていた。目に飛び込んできたのは遠くに光る青信号だけだった。青信号が早くこっちに来いと呼んでるように思えた。わたしは怖くなり、青信号に向かって一目散に走った。

 家に帰ると、隆司はすでにリビングでくつろいでいた。
「ただいま」暗い声になった。
「おかえり、どうしたの、どこか出掛けてたのか」
「えっ、あー、隆司もおかえり。う、うん、ちょっ、ちょっとね。近所の人とね。すぐに夕飯の準備するわね」
「今日は外に食べに行こうか。それとも、俺が夕飯作ろうか」
 隆司は笑みを浮かべ、優しかった。最近は優しすぎる。それを素直に受け入れられない。
「う、うん、じゃあ、外に食べにいきましょうか」
「なに? 元気ないな。熱でもあるのか」隆司がわたしのおでこに手をあてようとした。
「だ、大丈夫」わたしは隆司の手を払った。
 この日は二人で外食をした。隆司は、わたしのお気に入りのハンバーグの専門店に行こうと言ったが、そんな気になれなかったので近くのラーメン屋で済ませた。隆司はチャーシュー麺とチャーハンを注文し、わたしはラーメンだけ注文した。ラーメンは半分だけ食べて、あとは喉を通らなかった。
 隆司はずっと明るく話しかけてきた。わたしが元気がないことを気にしているようだったが、わたしは、ぎこちないままだった。今日のこと、女のことを聞き出す勇気はなかった。
 はじめて母親に隆司を紹介した時のことを思い出した。
「誠実そうで、優しそうな人じゃない。こういう家庭的な人だと、お母さんも安心だわ」
 わたしもそう思っていた。今もそう思いたい。



 今日も残業で少し遅くなるとメールが届いた。今日こそ、あの女の正体をつきつめてやろうと思った。前と同じようにコーヒーショップで待っていると、隆司が会社から出てきた。やはり右側に行って二つ目の交差点を右に曲がって行った。わたしが交差点まで行くと、隆司と女が喫茶店に入るところだった。わたしは、また酒屋の前で待つことにした。今日も頑固な木製のドアは一時間沈黙した。
 一時間後、ドアがカランカランと音をたて、二人は喫茶店から出てきて、今日もそこで別れた。隆司が敬礼のポーズをし女が手を振る姿を見て、また頭に血がのぼった。
 今日こそと、先に信号を渡り、早足で女を追いかけた。前と同じ角を曲がったので、わたしは、すぐに角まで走って行って、暗い道を見渡した。しかし、今日も女の姿がなかった。わたしは学校のグラウンドと工場のシャッターを交互に見ながら走っていった。おかしい、どこに消えてしまったんだろう。また土手まで来たが、女の姿はなかった。空を見上げたが、今日は月もなかった。風が強く桜の木が大きく揺れていた。月がなく風が強いせいで、この前より暗くて不気味に感じた。川の土手を上がって、激しい川の流れを見ていたら吹き飛ばされそうなくらい強い風がわたしに向かって吹いた。
 顔面に強い風を受け髪をなびかせながら、その場でしばらく立っていた。わたしは一体何をしてるんだろう。悲しくて涙が止まらなくなった。涙が風で飛ばされていく。このまま風に身を任せたくなり、うつむいて目を閉じた。スゥーッと意識が遠くなっていく感じが心地よかった。その時、風に乗ってあの香水のカオリがした。そして、女の声が聞こえた。
「あんた、何してんの」
 わたしは、はっと我にかえった。そっと目を開けると、女の靴が見えた。わたしもお気に入りのブランドの靴だ。そしてゆっくりと顔を上げた。女の腰、胸、そして顔が見えた。女の顔を見た瞬間、わたしの体が震えだして思うように動けなくなった。叫びたいが声も出なかった。
「あんた、しっかりしなさいよ」
「……」
「あんた、結婚して幸せなの? 隆司、悲しそうだったよ」
「……」
「隆司はね、自分に甲斐性がないせいで、あんたとは、うまくいってない。そう言ってたわ」
「……」
「あんたね、隆司の気持ち考えたことある? 隆司は、結婚してから、あんたが元気ないからすごく悩んでんの。わかってる?」
「……」
「あんた、自分だけが不幸だ、なんて思ってんじゃないでしょうね」
「……」
「隆司はね、あなたを幸せにしようと必死なんだからね」
「……」
「なんとか言いなさいよ」
「あ、あなたは、だ、誰なのよ」やっと声が出た。
「わたし? 何よ、わたしが誰だかわかってるんでしょ」
「う、うん、わ、わかる。た、たぶん」声が震えた。体の震えも止まらない。
「ふん、たぶんじゃないわよ。わかってるわよね」
「う、うん」
「何よ、元気ないわね。情けないな、元気出しなさいよ」
「う、うん、ごめんね、わたし」涙が止まらなくなった。
「そう、わかってるわね。わたしは三年前のあんたよ」
「な、なぜ?」
「なぜって、三年後のわたしが幸せにしてるのか期待して見にきたのよ。そしたら、何よ、このざま。ほんと、あんたバカね」
「そんなに偉そうに言わないでよ」
「偉そうにも言いたくなるわよ」
「なんで、隆司と会ってたの」
「だから、三年後のわたしが幸せなのか、隆司に確認したかったのよ」
「隆司はなんて?」
「あんたが幸せそうでないのが辛いって言ってた」
「そ、そうか」わたしは俯いた。
「そうか、じゃないわよ」
「だって……」
「隆司は、あんたがどうしたら幸せになれるか、わたしに相談してたのよ」
「それで、なんて?」
「どうしたらいいかっていうからさぁ、隆司は不器用で無愛想だから、少しはそこを改めて、家事を手伝ってあげたり、会話を楽しむようにしたらってアドバイスしたけど、うまくいかなかったみたいね。あんたが悪いのよ」
「わたしだって、一生懸命、やってるわよ」
「なんか、体もぼてっと太っちゃって、服もだらしないし、化粧もしてないじゃない。女を捨ててるの」
「あなたには、わからないわよ。主婦は大変なのよ。パートで働かないとやっていけないし、家事もやらないといけないし、自由な時間もお金もなくなるのよ。結婚すると、あなたみたいに気楽に暮らせなくなるの」
「ふーん、じゃあ、わたしが隆司との結婚取り止めようか? そしたら、あなたも自由で生きていけるわよ。それでいいの? 隆司と別れていいの」
「そ、それは、嫌。隆司との子どもがほしい」
「じゃあ、隆司はあんたのこと愛してるんだからさぁ、もっとあんたも隆司を愛しなさいよ。隆司はあんたの為に頑張ってるわよ。浮気を疑う前にそれに気づいてあげなさいよ」
「隆司も何も言ってくれないし、あなたとコソコソ会ってるからいけないのよ」
「あんた、隆司の性格、わかってんでしょ。そんなこと言って自分を正当化しないでよ」
「わたし、どうすればいいんだろう?」
「あんた、ほんと馬鹿ね、結婚式で誓ったんでしょ」

 誓いの言葉

1、互いに嘘、いつわりなく誠実であること

2、互いの両親、友人を大切に思うこと 

3、互いを信じ合い、助け合い、愛し続けること

4、互いに出来る限り今の体型をキープすること

5、ケンカをしても、すぐに仲直りすること

6、今日の日の感謝を一生忘れないこと