小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小説を読んでる時に見つけた奸計(かんけい)とは?

 小説を読んでいると、あまり見たことのない言葉に出くわします。今回は、奸計(かんけい)です。

有川浩さんの「阪急電車」に出てきました。

翔子は結婚間近だった彼氏を寝取られてしまった。翔子は元カレと寝とった女の結婚式に出席していた。
式場で新婦より美しい翔子の姿を見た新郎の気持ちは?

 新郎はーー
 その瞬間、確かに翔子を見つめていた。今日の新婦の奸計(かんけい)に嵌(はま)まらなければ自分のものになっていたはずの女を。

意味は
わるだくみ。邪悪なはかりごと。悪計。奸謀。


dictionary.goo.ne.jp