小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小説を読んでる時に見つけた狷介(けんかい)とは?

有川浩さんの空飛ぶ広報室に出てきた言葉
読書をしていると難しい言葉にぶち当たります。意味は何となくわかるので、そのまま読み進めてもいいのですが、せっかく出会った知らない言葉ですし、調べてみて損はない。

今回は有川浩さんの空飛ぶ広報室に出てきた狷介(けんかい)です。

そのうえ本人が自衛隊嫌いとくれば、態度が狷介(けんかい)になろうというものだ。たしかに片山が率直に評したとおり、広報室にとって彼女は厄介事以外の何者でもない。

意味は
頑固で自分の自分の信じるところを固く守り、他人に心を開かないこと。またそのさま。片意地。

dictionary.goo.ne.jp