小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小説を読んでる時に見つけた柳眉(りゅうび)とは?

f:id:sujya:20190706082145j:plain

有川浩さんの空飛ぶ広報室に出てきた言葉
小説を読んでいると、はじめてみる漢字にぶつかることはよくあります。
今回は有川浩さんの空飛ぶ広報室を読んでいて「柳眉(りゅうび)」という言葉にぶつかりました。
「柳」と「眉」から意味は想像できました。
本文からも想像できました。
それなら調べることないとも思うのですが、調べる楽しみ、知識を得る喜びを味わいたいのかもしれません。若い頃に勉強しなかった分、今ごろ学ぶ欲求が出てきたのかもしれません。

 仮設した広報本部のテントで報告を聞いた柚木は柳眉(りゅうび)を逆立てた。

意味は
柳の葉のように細く美しいまゆ。美人のまゆのたとえ。やなぎのまゆ。


dictionary.goo.ne.jp