小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小説を読んでる時に見つけた憐憫(れんびん)とは? そこはかとないのは?

f:id:sujya:20190715215510j:plain

森沢明夫さんの大事なことほど小声でささやくに出てきた言葉

 末次は屁の突っ張りにもならない虚勢を張って、ニヤリと笑ってやった。しかし、そんな自分自身にそこはかとない憐憫(れんびん)を感じたりもして、ついついグラスのワインをがぶりと呷(あお)った。

憐憫(れんびん)の意味は?
かわいそうに思うこと。また、そのあわれみの気持ち。

dictionary.goo.ne.jp

そこはかとないの意味は?
何となくあることが感じられるさま。どこがどうということではない。

dictionary.goo.ne.jp