小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小説を読んでる時に見つけた狷介(けんかい)とは?

有川浩さんの県庁おもてなし課に出てきた難しい言葉
小説を読んでいると、普段使わない言葉にぶつかることがあります。
話の前後から、漢字から、何となくの意味は理解できるのですが、せっかくだから、調べてことにしました。
そうすることで、ひとつ賢くなれた気がします。

歳をとると学ばなくなります。これくらい学ぶ機会を持っておくのもいいのではないですか。

 近森が投げた言葉に館長の表情が狷介(けんかい)になった。やばい、と掛水のアラートが鳴った。

 それまで狷介(けんかい)だった彼女がわずかに怯(ひる)んだ。ーーように見えた。

狷介(けんかい)の意味は?
頑固で自分の信じることを固く守り他人に心を開こうとしないこと。また、そのさま。片意地。

dictionary.goo.ne.jp