小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

小説を読んでる時に見つけた含羞(がんしゅう)とは?

f:id:sujya:20190723080943j:plain

小説を読んでると、見たことない言葉にぶつかることがあります。昔は意味がわからなくても、そのまま読み進めていたのですが、最近は意味がわからないのが気持ち悪くて、調べるようになりました。
読書は中断してしまいますが、ちょっと寄り道して、調べると少し賢くなった気になれます。

今読んでいる本は有川浩さんの県庁おもてなし課です。
そのなかに出てきた言葉が含羞(がんしゅう)です。

「俺は昔から欲が深いからよ。ちょっとでもようけ得をしたい」
 そう嘯(うそぶ)く言葉にはいろんな含羞(がんしゅう)が折り畳まれている。

意味は
恥ずかしいと思う気持ち。はにかみ。はじらい。

そして、
「含羞む」と書いた読みは「はにかむ」だそうです。

dictionary.goo.ne.jp