小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

箴言(しんげん)とは?

小説を読んでいると、次から次へと自分の知らない言葉が出てきます。
今回は有川浩さんの旅猫リポートに出てきた箴言(しんげん)です。
本文

「ごめんね、先生、吉峯くんの寂しい気持ちを分かってあげられなくて」
 どうやら自分の理想の教師像とうまく折り合う理屈を宮脇に吹き込まれたらしい。極度の誤解が発生していそうな気もしたが、説明するのも面倒くさいし、大人になれよという箴言(しんげん)に従って「もう気にしてません」と短く済ませた。

意味は
なんとなく意味はわかりそうですがgoo辞書で調べてみました。

戒めの言葉。教訓の意味をもつ短い言葉。格言。


dictionary.goo.ne.jp