小説に興味を持ってから人生が楽しくなった

読書が苦手だった私が、五十歳を過ぎてから、急に読書が好きになった。そのおかげで人生が豊かになった気がする。これからもっと読書が好きになれるように、人生が楽しく豊かになるように

朴念仁(ぼくねんじん)とは?

小説に出てくる難しい言葉
小説を読んでいると知らない言葉によくぶつかります。
今回は有川浩さんの旅猫リポートに出てきた朴念仁(ぼくねんじん)です。

本文

 悟が着くまでに、できるだけ片付けを終わらせておこう。機微を窺うのは苦手だが、コツコツ仕事を進めることなら朴念仁(ぼくねんじん)にも何とかなる。

意味は?
goo辞書で調べました。

無口で愛想のない人。また、がんこで物の道理のわからない人。わからずや。


dictionary.goo.ne.jp